三面鏡を選ぶメリット

三面鏡を選ぶメリット

三面鏡を選ぶメリット リフォームや新築の時などに洗面台を選ぶ必要が出てくることがあります。洗面台は毎日身支度をする時に使う物なので、なるべく便利な物にしたいと思う人が多いのではないでしょうか。
洗面台を便利さで選びたいと思ったら、鏡が一つだけのタイプと三面鏡が付いているタイプの内、どちらを選ぶか迷うこともありそうです。
この二つの内、三面鏡タイプを使うメリットは、左右に付いている鏡の向きを変えることで顔や髪を横から見ることが出来るということになります。例えば髪をセットする時などに、髪型を正面からだけでなく、横からも見てチェックしたい時があります。そういう時に左右の鏡の角度を簡単に変えられると、いちいち手鏡を持ったり顔を傾けたりしなくても苦労せずに髪型を整えられて便利です。また、ヘアアイロンやワックスなどを使いながらでも顔や髪を横から簡単に見られる点も良いでしょう。
他には、収納スペースが上部分に三つ付いているタイプが多いため、スプレーや化粧品などの小物をわかりやすくしまっておける点もこのタイプの洗面台を選ぶメリットと言えます。

モノがあふれがちな洗面台も、工夫次第でこれだけ収納

モノがあふれがちな洗面台も、工夫次第でこれだけ収納 洗面台回りは、ついついモノが多くなってしまう場所です。オーラルケア、スキンケア、ヘアケアなどの用品から、洗濯用の洗剤類、お風呂用品など、限られたスペースであるにもかかわらず、収納したいものがたくさん。これを使いやすいレイアウトですっきり片付けることができれば、毎日の暮らしがもっと快適になります。
まずは洗面台の上と下に分けて考えてみましょう。歯ブラシやコップ、洗顔料など使用頻度が高いものは手に取りやすい場所に置きたいので、それぞれ色味を統一したトレーやかごなどを用意してまとめます。素材のテクスチャーも揃えればなおおしゃれ感がアップします。そして洗面台の下には、日常使いではない買い置きのものなどをまとめましょう。生活感が気になる住居用洗剤や掃除道具など、収納したいものは多いはず。100円ショップやホームセンターなどで購入できるつっぱり棒や大き目のカゴを組み合わせれば、使いやすく片付けることができます。空間の有効利用を意識して工夫することがポイントです。