鏡についた水垢汚れを落とす

鏡についた水垢汚れを落とす

鏡についた水垢汚れを落とす 洗面台の鏡につく、白いモヤモヤした汚れの主な原因は水垢です。
水道水に含まれているカルシウムなどのミネラル成分で水は蒸発しますが、含まれているミネラルが残り蓄積して、白くこびりついてしまうのです。
こびりついたミネラル分は液体の洗剤では落ちにくいのですが、研磨作用があるスポンジやクレンザーのような顆粒入りの洗剤でこすれば落とすことができます。
水垢はアルカリ性なので酸性の洗剤を使えば、より楽に落とせるでしょう。
なかなか落ちない頑固な洗面台の鏡の水垢は、酸性のクエン酸でふやかすのが効果的です。
おすすめの方法は、ぬるま湯200mlにクエン酸小さじ1杯程度を溶かしてキッチンペーパーなどに含ませて貼りつけ1時間ほどおいて、様子をみてからスポンジなどを使ってこすり落としましょう。
それでも落ちない場合は、強い研磨剤を含む歯磨き粉です。
強い研磨作用があるのでこすり過ぎには注意しましょう。
汚れの程度に合わせて、方法を変えて試してみることをおすすめします。

洗面台の鏡が汚れるのを防ぐ方法を使ってキレイに使い続けよう

洗面台の鏡が汚れるのを防ぐ方法を使ってキレイに使い続けよう 洗面台の鏡にはウロコと呼ばれる白い汚れがつくことがあります。
この汚れは鱗状痕とも呼ばれていますが、その正体は水道水に含まれているカルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分だとされています。
洗面台に水がはねた後、放っておくと水分だけが蒸発してミネラル成分が付着し白い汚れとなって溜まっていくという訳です。
そこでこの白い汚れを防ぐには、水がはねた時にすぐにこまめに拭きとっておくことがおすすめの予防法となります。
それから洗面台の鏡についてのよくある悩みでは、曇って見えにくいということもあります。
この悩みを解決するには、市販されている曇り止めスプレーを使ってみるのが良いでしょう。
その時に気をつけたいのは、浴室用のものではなく洗面所用のものを選ぶことです。
また、表面に汚れがつくのを防ぐには水回り用の撥水スプレーを使うのがおすすめです。
スプレーして布で拭き取ることで表面がシリコンやフッ素入りの薬剤でコーティングされた状態になり、水垢やウロコ、カビなどがつくのを予防するのに役立ちます。
これらの方法を使って洗面台をキレイに保とうとする時には、各スプレーの注意事項をお読みになり体に悪影響が出ないように気をつけて使いましょう。